■Twitterで最新情報を配信中!
  フォローしてね☆

■利用規約 & 免責事項 ■広告のご案内 ■このサイトについて ■お問合せ
(c)All rights reserved by GTN. 

さて、行ったことの無い人にとっては“未知の世界”ですよね。館内がどんな様子なのかわからないと、ちょっと行きにくいのも事実です。ここではそんなゲイ映画館の館内を皆さんにご紹介しちゃいます。さてさて、どんな感じなのでしょうか〜

■思い切って入ってみよう!

京急日ノ出町駅すぐ側にある光音座は、2つのスクリーンを持っています。
「光音座1」はゲイムービー専門で、「光音座2」はいわゆるノンケ向けのポルノ映画を上映しています。ゲイムービーが「1」って言う所がちょっと嬉しかったりしませんかー?

そしてこの光音座1は今では東日本唯一のゲイムービー専用のスクリーンを持つ映画館となりました。なので全国的に見ても貴重な存在と言えますね。

さぁ、さっそく中へ入ってみましょう。

   
■入口を入るとロビー。券売機で入館料を支払う。
入口を入るとそこはこじんまりしたロビーになります。右側にカウンターがあって、スタッフの方が常駐しています。ロビーはそれまで思っていたイメージとは違って割と明るくて綺麗な印象です。
 
カウンターの向こう側はノンケ向けポルノ映画を上映している「光音座2」のロビーです。光音座1と光音座2で表の入口は違いますが、中に入ると結局は同じ空間になります。なのでこのカウンターは銭湯の番台のような感じですね。

客席に入る前にまずは入館料を支払うのですが、カウンターの前にある券売機でチケットを購入するシステムです。

入場料は・・・

・大人¥1550−
・学生¥1130−
・会員¥1130−

・・・です。「大人」って言う表現が正しいのかは置いといて、学割りと会員割りがあります。学割りはチケット購入後にカウンターで学生証を提示すればOK。
そして会員割りは会員証(スタンプカード)を提示することで割引が受けれます。この会員証はカウンターで「会員証ください」と言えばすぐにもらえますのでぜひもらってくださいね。リピーターにはお得な特典が得られますよ〜

さぁ、いよいよ客席エリアにご案内しましょう。

 
■次のページへ■
   

for ALL LGBT